自閉スペクトラム症(ASD;Autism Spectrum Disorder)〜アスペルガー(Asperger)症候群含む〜私はアスペルガーだった!?〜

これまで、自閉症、広汎性発達障害、アスペルガー(Asperger)症候群などのいろいろな名称で呼ばれていましたが、2013年のアメリカ精神医学会(APA)の診断基準DSM-5の発表以降、自閉スペクトラム症(ASD;Autism Spectrum Disorder)としてまとめて表現するようになりました。自閉スペクトラム症は多くの遺伝的な要因が複雑に関与して起こる生まれつきの脳機能障害で、人口の1%に及んでいるとも言われています。自閉スペクトラム症の人々の状態像は非常に多様であり、信頼できる専門家のアドバイスをもとに状態を正しく理解し、個々のニーズに合った適切な療育・教育的支援につなげていく必要があります。

twitterでシェアする

facebookでシェアする

自閉スペクトラム症とは

自閉スペクトラム症の診断については、DSM-5に記述されており、下記などの条件が満たされたときに診断されます。

  1. 複数の状況で社会的コミュニケーションおよび対人的相互反応における持続的欠陥があること
  2. 行動、興味、または活動の限定された反復的な様式が2つ以上あること(情動的、反復的な身体の運動や会話、固執やこだわり、極めて限定され執着する興味、感覚刺激に対する過敏さまたは鈍感さ など)
  3. 発達早期から1,2の症状が存在していること
  4. 発達に応じた対人関係や学業的・職業的な機能が障害されていること
  5. これらの障害が、知的能力障害(知的障害)や全般性発達遅延ではうまく説明されないこと

さらに、知的障害の有無、言語障害の有無を明らかにし、ADHD(注意欠如・多動症)との併存の有無を確認することが重要です。DSM-IVでは認められなかった自閉スペクトラム症とADHDの併存が、DSM-5では認められています。また、他の遺伝学的疾患(レット症候群、脆弱X症候群、ダウン症候群など)の症状の一部として自閉スペクトラム症が現れることがあります。

1と2の症状の程度は様々であり、いろいろな併存症も見られることから、小児神経科・児童精神科・小児科医師による医学的評価は非常に重要です。

自閉スペクトラム症の症状

重症度は様々ですが、言葉の遅れ、反響言語(オウム返し)、会話が成り立たない、格式張った字義通りの言語など、言語やコミュニケーションの障害が認められることが多くなっています。
乳児期早期から、視線を合わせることや身振りをまねすることなど、他者と関心を共有することができず、社会性の低下もみられます。学童期以降も友だちができにくかったり、友だちがいても関わりがしばしば一方的だったりと、感情を共有することが苦手で、対人的相互関係を築くのが難しくなります。
また、一つの興味・事柄に関心が限定され、こだわりが強く、感覚過敏あるいは鈍麻など感覚の問題も認められることも特徴的です。

自閉スペクトラム症の併存症

様々な併存症が知られていますが、約70%以上の人が1つの精神疾患を、40%以上の人が2つ以上の精神疾患をもっているといわれています。特に知的能力障害(知的障害)が多く、その他、ADHD(注意欠如・多動症)、発達性協調運動症(DCD)、不安症、抑うつ障害、学習障害(限局性学習症、LD)がしばしば併存します。
また医学的併存疾患としては、てんかん睡眠障害、便秘を合併しやすいことが知られています。てんかんの併存は、知的障害が重い人ほど多く認められます。

自閉スペクトラム症の原因

自閉スペクトラム症の原因はまだ特定されていませんが、多くの遺伝的な要因が複雑に関与して起こる、生まれつきの脳の機能障害が原因と考えられています。胎内環境や周産期のトラブルなども、関係している可能性があります。親の育て方が原因ではありません。

自閉スペクトラム症の発生頻度

近年、自閉スペクトラム症の人は約100人に1人いると報告されています。性別では男性に多く、女性の約4倍の発生頻度です。女性では知的障害を伴うことが多い傾向ですが、知的障害や言語の遅れを伴わない女性では、社会的困難の現れが目立たず、過少評価されている可能性もあります。

自閉スペクトラム症の治療

現代の医学では自閉スペクトラム症の根本的な原因を治療することはまだ不可能ですが、彼らは独特の仕方で物事を学んでいくので、個々の発達ペースに沿った療育・教育的な対応が必要となります。かんしゃくや多動・こだわりなど、個別の症状は薬によって軽減する場合があります。信頼できる専門家のアドバイスをもとに状態を正しく理解し、個々のニーズに合った適切な支援につなげていく必要があります。乳幼児期から始まる家庭療育・学校教育そして就労支援へと、ライフステージを通じたサポートが、生活を安定したものにすると考えられています。

(最終更新日:2020年5月28日)

www.e-healthnet.mhlw.go.jp

【特徴①】「対人関係と対人コミュニケーションの質に特徴があること」

これは言葉に限らず、他人との関りの中で、コミュニケーションをとったり、喜び・興味や達成感を分かちあったりするときの姿勢のことなどを指します。視線・表情・姿勢・友人関係なども含まれます。 

自閉症スペクトラムの人の具体的な特徴としては、

①ひとりでいることを好む

②関わりやコミュニケーションが受け身である

③関りやコミュニケーションが一方的である

④人の気持ちを配慮することが苦手である

自閉症スペクトラムの人の、言葉を用いたコミュニケーションでの特徴の例としては、

①話し言葉が遅れている

②「オウム返し」が多い

③話すときの抑揚に特徴がある

④言語による指示を理解できない

⑤会話がかみ合いにくい

⑥敬語が不自然である

⑦皮肉を言っても通じず、たとえ話がわからない

大人のADHDの治療や診断なら

自閉症スペクトラムの人は、言葉を用いない(非言語的)コミュニケーションにおいては以下の例があります。

①身振りや指差し(体の動き)が理解できない

②言外の意味が理解できない

③話しの文脈が理解できない

次に、2つ目の特徴についてみていきます。 

【特徴②】「興味の対象が著しく限られていること、パターン的な行動があること」

この特徴は、例えば次のような行動に表れます。 

①特定の物事に対して強い興味を持つ

②特定の手順を繰り返すことにこだわる

③同じ動作を繰り返す

④興味を持った領域に関して膨大な知識を持つ

一日の中で、絶対に変えられないルーティーン、自分ルールを持っていたり、鉄道、天気、生物、地理、コンピュータなど、様々な分野について学者以上に詳しかったりすることもあります。

心療内科ひだまりこころクリニック栄院がアスペルガー症候群について解説

もちろん、アスペルガー症候群の併存したうつ病不安症などは、少量の抗うつ薬などで治療をする必要がある場合もあるので、自己判断なさらず、ぜひ受診されることをお勧めいたします。

hidamarikokoro.jp《感想》

発達障害の中でも知的障害がないのが「アスペルガー」らしい。

この定義で行くと、私は「アスペルガー」になる。

「アスペルガー」の方々は精神科・心療内科に行くと「うつ病」のクスリを飲まされることになる。

私は「発達障害」もインチキだと思っているので「アスペルガー」も同様疑わしい。

※心療内科・精神科にはどんなことがあっても近づいてはイケナナイ!

※これは私の人生観・世界観から導き出された結論であり、あくまでも個人の感想です。